温冷交互浴(交代浴)とは?自宅ですぐ試せる!最高にリラックスするお風呂の入り方

スポンサーリンク
温冷交互浴(交代浴)とは?最高にリラックスするお風呂の入り方サウナ
うみさる
うみさる

こんにちは、キャリアアップや年収アップ、副業、そしてサウナを探求している うみさるです。

この記事は以下のような方に向けて書きました!

困った君
困った君
  • 温冷交互浴ってなんかよさそうだけど、どうやるの?
  • 温冷交互浴って聞くけど、何がメリットなの?
  • 温冷交互浴って家でもできるの?
  • 水風呂苦手で温冷交互浴できなそう・・・

この記事を読むことで、上記のような悩みを解決できます!

なぜなら私自身が

うみさる
うみさる

水風呂に入る人の気が知れない!

という状態から、今では水風呂のためにお風呂やサウナに入る!というようになるまで水風呂ラバーとなり、最高にリラックスできる入浴を実践するようになったからです。

そして私自身が温冷交互浴から、次にサウナにはまり、サウナスパ健康アドバイザーという資格を取るまでになりました。

本記事はサウナスパ健康アドバイザーの知識も活用してお伝えします。

皆さんが温冷交互浴のすばらしさを知っていただくきっかけとなったら幸いです!

スポンサーリンク

温冷交互浴(交代浴)とは何か?

温冷交互浴(交代浴)とは何か?

温冷交互浴とは「温かい湯船→冷たい水風呂、水シャワー」を繰り返す入浴方法です。

簡単そうに思えますが、さらにコツを抑えて入浴することで、あなたの知らない未知の気持ちいい世界が広がっているんです!

ぜひ温冷交互浴をマスターして、ストレスや体調不良ともサヨナラしましょう!

温冷交互浴(交代浴)は入浴方法のひとつ

温冷交互浴は様々な入浴方法の中の、あくまでひとつです。

温冷交互浴のメリットは後ほど色々ご紹介しますが、以下の3点はとても良いポイントです。

  • 自宅で出来る。
  • すぐできる。
  • 毎日できる。

とても簡単なので、ぜひ今日からご自宅で試してみてください。

温冷交互浴(交代浴)にはまったきっかけ

 温冷交互浴(交代浴)にはまったきっかけ

私は先にも書きましたが、以前は水風呂には目もくれない人間でした。

そんな私に水風呂への扉を開いてくれた銭湯があり、私は水風呂の先に広がるお風呂のディープな世界にはまっていくことになりました。

高円寺 小杉湯

私の水風呂への扉を開いてくれたのは、東京・高円寺の銭湯「小杉湯」さんです。

昭和8年創業の老舗の銭湯。

小杉湯さんへ通うなかで、「交互浴」の方法が銭湯内に記載されており、実践してみたのが始まりです。

ちなみに公式Twitter のプロフィール欄にも「交互浴の聖地」と自ら発信してらっしゃいます。

私はまさにその洗礼を浴びた一人です。

お風呂を出た後に、足先がじんじんとして血液が巡るのが分かる、初めての感覚。

そして体がずっと温かい。

体の芯から温まる。というのはこれか!と実感したのです。

温冷交互浴(交代浴)のメリット

温冷交互浴(交代浴)のメリット

温冷交互浴のメリットは一言では語り切れないほど、多くのものがあります。

ここでは代表的なものをご紹介していきます。

温冷交互浴(交代浴)のメリット

温冷交互浴のメリットを、サウナスパ健康アドバイザーの資格テキストを基にまとめました。

温冷交互浴のメリットは、大きく2つに分けられます。

温冷交互浴のメリットは大きく2つ
  • 血行促進される
  • 自律神経に作用する

それぞれを詳しく見ていきましょう。

温冷交互浴(交代浴)の効果【血行促進によるもの】

 温冷交互浴(交代浴)の効果【血行促進によるもの】

温かい湯船につかることで血行促進されます。

血行促進されることは体にとって良いことがたくさんあります。

すぐに得られるメリットと、繰り返し続けることのメリットがあります。

この2つの具体的な内容をそれぞれ見ていきましょう。

疲労回復 【すぐ】

血行が良くなると、酸素の摂取量が増えて、疲労物質である乳酸が排泄されるため、疲労回復が促進されます。

肩こり、筋肉痛改善 【繰り返し】

肩こりや筋肉痛の原因は、主に筋肉の過度の緊張や血流の不足です。

温冷交互浴によって血行が良くなると、筋肉内を循環する血液量が増えます。

定期的に繰り返すことで筋肉の過度の緊張や、血流不足が改善されていきます。

冷え性の改善 【繰り返し】

冷え性には様々な原因があると言われていますが、自律神経の乱れや、血液循環不足も原因の一つです。

温冷交互浴では血液循環が改善されますので、繰り返すことで冷え性の改善も期待できます。

美肌効果 【繰り返し】

血行が促進されるため、皮膚の生理機能も活発になります。

皮膚の生理機能が活発になるため、美肌効果、美容面での効果が期待できます。

温冷交互浴(交代浴)の効果【自律神経作用によるもの】

 温冷交互浴(交代浴)の効果【自律神経作用によるもの】

温冷交互浴では交感神経と副交感神経ががととのえられます。

交感神経と副交感神経って何?と思いますよね。

昼間や活動しているときに活発になる「交感神経」と、夜間やリラックスしているときに活発になる「副交感神経」の2種類があります

参考  自律神経って何?乱れるとどうなるの?  ココカラファイン 

この2種類を合わせて自律神経といいます。

自律神経は体の様々な部位の働きを調節しています。

ストレスなどで現代人はこの自律神経が乱れがちで、いろんな体の不調を引き起こすと言われています。

自律神経がきちんと作用していることは、体の不調改善に有効なのです。

睡眠の改善【すぐ】

睡眠の改善【すぐ】

温冷交互浴では、熱めの湯に短時間入ることで皮膚への温度刺激が訓練となり、自らの神経調節能力を高めます。

熱めの湯に入ることで、神経調節が働き、交感神経が優位になります。

このとき体は緊張状態ですが、その後、冷水を浴び、休憩をすることで、リラックス状態に短時間で導くことができます。

リラックス状態のときは、副交感神経優位です。

副交感神経優位になることで、ゆったりした気分で睡眠導入のきっかけをつくり出すのです。

また別の方法ですが、低めの温度の湯船にゆっくり(20-30分)つかることも、リラックス効果があります。

低めの温度、つまりぬるめの湯船につかることで、副交感神経が優位となり、昼間の緊張状態を解きほぐし、神経を静めてくれているためです。

時間がある場合はこの方法もオススメです。

自律神経が整う【繰り返し】

ストレスを感じていると交感神経が優位となり、常に緊張状態になります。

一度温冷交互浴をしてリラックスできても、また次の日にストレスを感じることもあるでしょう。

そんな時は交感神経優位でストレスを感じています。

私はそんな時期に温冷交互浴を繰り返すことで、ストレス耐性がかなりあがりました。

サウナに関する効果のまとめ

私自身はサウナに週2回定期的にいくことで、温冷交互浴を実践してきました。

自宅での温冷交互浴をきっかけに、サウナに興味を持たれた方はぜひ以下の記事もご覧ください!

自宅でもできる!温冷交互浴(交代浴)の方法

 自宅でもできる!温冷交互浴(交代浴)の方法

温冷交互浴の手順は3つのポイントがあります。

熱めの湯船に5分前後つかる

まず風呂温度を熱めに設定します。

熱めというのは感覚で個人差がありますが、42~44度くらいがオススメです。

私は44度に設定します。

湯船につかる時間は5分前後。

あまり長めに入りすぎるのもよくありません。

3分~8分の間で、自分の体調に合わせて調整してみてください。

出るときのポイントは、汗が出てきて、熱いなー!と感じた頃です。

水シャワーを浴びる

湯船から出たら、水でシャワーを浴びます。

普段水風呂に入っている方は問題ないかと思いますが、初めての方はドキドキですよね。

この時のポイントは、足先など心臓の遠いところから水をかけること。

そして上半身よりも下半身のほうが水の温度を我慢しやすいのが私の感覚です。

水が苦手な方は、まずは下半身だけで慣れていくのがオススメです。

休憩する

水シャワーを浴びたら、休憩します。

この時に備えて、飲み水を準備しておきましょう。

熱いお湯に入って全身から汗をかいていますので、水分摂取は重要です。

そして休憩します。

私は壁際に風呂椅子を付けて、壁にもたれかかり、足を延ばして放心します笑

休憩時間も個人差アリですが、3~8分程度休憩します。

「湯船→水シャワー→休憩」の繰り返し

休憩を終えた後は、再び湯船へ。

私は2~3セットを体調に合わせて繰り返します。

体感しないとわかりませんが、2~3セット目の休憩時に、最高のリラックス状態を迎えます。

脳内麻薬と言われるエンドルフィンが出ているんじゃないかなーと感じます。

一言でいうと

うみさる
うみさる

最高にすっきりして、めちゃくちゃ気持ちいいいいいいいい!!!

です。

熱いお湯で神経が興奮気味になり、汗をかいたところで、さらに水風呂で皮膚に刺激が加わっています。

その後にゆっくりとリラックスするこの時間は、とても多幸感にあふれた時間です。

オススメの楽しみ方

温冷交互浴をさらに充実させるために、いくつかおススメの楽しみ方やアイテムがあるのでご紹介します。

お気に入りのドリンクを用意しておく

私は水か、ハーブティー(ぬるめ)か、ポカリスウェットイオンウォーターで温冷交互浴を楽しんでいます。

イオンウォーターはサウナ好きの方には定番な気がしますが、通常のポカリスウェットよりも、甘さが強くなく、スッキリしたのみ味なので、お風呂後の乾いたのどに、やさしくしみこむのが好きなポイントです。

入浴剤にこだわる

私はサウナにはまっていることから、花王が提唱する家サ活を知りました。

バブ メディキュア」を使ってたっぷり汗をかこう。

というのが家サ活。

すなわち自宅でサウナに入ろう、温冷交互浴しよう。というもの。

すっかり花王さんの戦略にはまり、Amazonで定期購入するようになりました。

おすすめのポイントは3つです。

おすすめポイント
  • 粒が大きくて、高濃度炭酸
  • 発汗作用がすごい
  • お風呂に入ったー!というスッキリ感が増す

通常のバブと比べての発汗作用は本当に驚きです。

だまされたと思って一度、お試しください。

近頃は夏に向けて暑くなってきているので、こちらのCOOLタイプもおススメです。

私が狙っているアイテム

私が次に狙っている温冷交互浴を楽しむためのグッズがこちら!

このおしゃれなバスチェア!

(見た目からして、風呂椅子なんて言っては失礼な気がします笑)

東京・渋谷のおしゃれ銭湯「改良湯」さんでも、似たような椅子が使われています。

おしゃれ銭湯さんですが、バスチェア(しつこい)も、とってもおしゃれ。

この雰囲気にあこがれています。

温冷交互浴は、自宅で簡単に出来るので難しいことはありません。

ポイントを抑えて、ぜひ今日から自宅で体感してみてください!

温冷交互浴(交代浴)のハードル

温冷交互浴(交代浴)のハードル

温冷交互浴がよさそうなのはわかったけど、冷たい水をかけるのは嫌だ!

そんな方もいらっしゃるのでは?

水シャワーという強敵

水シャワーを最初からしなくても大丈夫。

本当の初回は、ぬる湯シャワーをかけてみることから始めてみてください!

とくに3セット繰り返す中で、 私も 1セット目は水シャワーはつめてえーーー!っと感じるし、苦手です笑

2セット目、3セット目に少しずつ、冷たさを増していくという方法もありなのです!

私はその後に水風呂に目覚め、サウナスパ健康アドバイザーの資格を取るまでになりました。

資格にご興味ある方は、ぜひ下記記事も読んでみてください。温冷交互浴がもっと好きになりますよ!

私はサウナスパ健康アドバイザーになってから、より水風呂の奥深さ、メリットに気づくことができました。

水風呂のメリットを具体的に知りたい方は、こちらの記事も参考になると思います。

温冷交互浴(交代浴)とサウナ

温冷交互浴にきっかけで、サウナにも興味が出てきた方は、ぜひサウナの入り方の記事も読んでみてください。

とっても素晴らしい世界が待っています!

温冷交互浴(交代浴)の注意点

温冷交互浴は自宅で簡単にできますが、注意点もあります!

健康面で不安のある方は、お医者様と相談しましょう。

サウナスパ健康アドバイザーテキストでも、以下の方は特に注意すべきとされており、温冷交代浴でも同じことが言えます。

温冷交互浴の注意点
  • 高血圧の方の長時間の高温浴
  • 生活習慣病のある方の温冷交互浴
  • 飲酒・泥酔状態での入浴
  • 食後の満腹状態で温冷交互浴

食後は消化のために、血液が胃腸などの消化器官へ集中しますが、湯船につかることで血液が全身に分散されてしまうので、オススメできません。

食後は1~2時間の食休み後に入るのが良いでしょう。

温冷交互浴(交代浴)のまとめ

温冷交互浴には様々なメリットがあります。

温冷交互浴のメリット
  • 血行促進による疲労回復、肩こり、筋肉痛、冷え性の改善や、美容効果。
  • 自律神経がととのうことによる、睡眠改善、ストレス対策。

温冷交互浴は以下の手順で2-3セット繰り返しましょう

温冷交互浴の手順
  • 熱めの湯船に入る(42度~44度、3~8分)
  • 水シャワーを浴びる(はじめは足先からでも可
  • 休憩(3~8分)

あなたが温冷交互浴で素晴らしい人生を歩むきっかけのお手伝いが出来たら、これ以上の幸せはありません!

ではまた!

サウナ
スポンサーリンク
うみさるをフォローする
スポンサーリンク
Career Light

コメント

タイトルとURLをコピーしました