30代での転職は失敗リスク高い?全ては事前準備で決まる!成功のために必要なこと5選

転職
うみさる
うみさる

キャリアやストレス対策、希望を叶える人生のためのヒントをお届けしている うみさるです。

この記事は以下の悩みを解決します!

困った君
困った君
  • 30代の転職は失敗リスクが高いと聞くから不安
  • 30代の転職で準備すべきことは?
  • 30代で未経験の仕事に転職をしたい、無理かな…?

30代の転職はリスクもあるので、20代までとの違いを把握し、対策を万全にして転職活動することが大切です。

30代で転職は自分自身のキャリアの話だけではなく、家族の生活にも影響を与える可能性があり、いろいろと抱えるものが多いですよね。

失敗はしたくないし、失敗できない環境に置かれている。当然ながら慎重になるものです。

前半では30代の転職時に必ず知っておくべき、企業から求められることや、メリット・デメリットをお伝えします。

後半では30代の転職を成功させるために必要なこと5選として、これを必ずやっておきたい。という内容をまとめています。

私自身が「キャリアアップ」と「人生を豊かにすること」を意識し、常に情報収集し、活動してきました。その中での転職成功、失敗の知見を盛り込んでお伝えします。

30代の転職って何が必要?

30代の転職って何が必要?

30代が意識すべきことは、「30代での転職は企業から求められるものが20代の時とは違う」という事です。

年代ごとに求められるものが違う

困った君
困った君

年代によって求められる物が違うって、どういうことですか?

実際にあなたが働く企業で考えてみると分かりやすい事です。

20代がやっている仕事と、30代のあなたがしている仕事には多くの違いがあると思います。

各企業とも具体的に年齢で仕事を分けているわけではないので、明文化が難しいところ。

以下で整理してみましょう。

20代での転職は意欲、ポテンシャル

20代の転職者に求められるのは、成長意欲や、今後のポテンシャルです。ポテンシャル採用といった言葉があるくらいです。

新卒~第二新卒においては、仕事が出来なくても当たり前。

それよりも応募者が企業文化にマッチするのか?

今後のキャリアを考えて、前向きに頑張っていけるのか?などがみられていました。

20代の転職で求められること
  • 成長意欲
  • ポテンシャル
  • 企業文化へのマッチ
  • キャリアへの前向きな姿勢

30代での転職は実績、経験、リーダーシップ、人柄

30代の転職において求められるものは、これまでの仕事の実績や経験、リーダーシップや、人柄です。

それらを総合して、即戦力としての期待をされます。

30代での未経験転職が厳しいのは、企業がこのように即戦力として転職者を見ているからです。

どんな仕事でどんな成果を残してきたのか?

それによって得た経験は何なのか?

リーダーシップを発揮して、チームをまとめていけるのか?

という項目において、あなたがどうなのか?を見られています。

30代の転職で求められること
  • 仕事での成果
  • 経験
  • リーダーシップ
  • 人柄

これらを総合して、即戦力として活躍できる人材であることが必要です。

40代での転職はマネジメント、人脈、専門性

30代のあなたにはまだ先の話ですが、必ずやってくるのが40代

40代での転職においては、30代の経験にプラスしてどれだけ多くのメンバーをマネジメントしてきたのか?といった経験や、どんな人脈を持っているのか?が問われます。

マネジメントではなく、専門職としてキャリアを築いてきた場合は、その専門性がどう転職先において貢献できるのか?がみられています。

40代の転職で求められること
  • マネジメント経験
  • 人脈
  • 専門性

30代転職のメリット・デメリット

30代転職のメリット・デメリット

年代ごとに求められることが違うという事は、無理をして30代で転職すると失敗してしまうという事も当然ありえます。

「こんなはずじゃなかった」となると、その先の仕事にも影響が出てきます。

転職しなければよかった…とならないために、30代での転職におけるメリット・デメリットを事前に把握しておきましょう。

メリット

30代での転職の一番のメリットは、これまでの経験を活かして大きく年収アップを実現できる可能性がある点です。

これは今までとは給与レンジが大きく変化することを意味します。

イメージしてみてください。現職において半年に1回、もしくは1年に1回の査定があるとします。その際に昇給で年収100万円アップするというのは現実的でしょうか?

おそらくこれが可能だと言える方は、5%にも満たないのではと思います。

転職市場に目を向けてみましょう。

実力のあるあなたを即戦力として採用し、一気に成長をしたい企業側からすると100万円アップの年収を提示してでも、あなたを採用したいという会社は多いはずです。

現職では難しい給与アップが可能。

給与レンジが大きく変わり、年収アップ、これが30代転職における大きなメリットです。

30代での転職メリット
  • 給与レンジが変わる
  • 現職では難しい年収アップも可能

デメリット

30代の転職におけるデメリットは、メリットよりも多いのが現実です。

メリットよりもデメリットを不安視する方も多いと思いますので、細かく確認してみましょう。

年収ダウンの可能性

困った君
困った君

メリットで年収アップが言ってたのに、実際はやっぱり下がるんですか??

そう思われるのも仕方ないでしょう。

うみさる
うみさる

現実的に年収ダウンの可能性はあります

「30代での転職において優先すべきこと」を何にするかによって、年収は変わってきます。

優先したいのは年収ではく、ライフワークバランスだ。

家族との時間を取れるような転職をしたい。

と考えた場合は、年収が下がる可能性は高いでしょう。

それ以外にも

「未経験で違う業界でチャレンジしたい」

「本当にやりたかったことに取り組む最後のチャンスだと思って転職したい」

経験をフルに活かした転職でない場合は、年収ダウンすることを想定しておくべきでしょう。

30代で年収ダウンする転職の例
  • ライフワークバランス重視
  • 未経験でのチャレンジ
  • 本当にやりたかった仕事を優先する

ストレス増大

30代の転職でストレスが増えてしまうというデメリットがあります。

新しい職場における人間関係のストレスは、絶対にあると考えましょう。

代表的なものでは、

「上司や部下との意思疎通が取れない」

「自分勝手すぎる相手とのやり取りに困る」

「話をなかなか理解してくれない人がいる」

などがあるでしょう。

人間関係のストレス例
  • 上司や部下との意思疎通
  • 自分勝手すぎる相手
  • 話を理解してくれない人がいる

これまでの仕事では「この人はこういう人だから」と分かっていたやり取りも、転職後はゼロからの出発です。

これまでと違う慣れない仕事で、手順も違い、進め方が分からずストレスとなるのです。

仕事の成果もストレスになりえます。

他にも即戦力としての会社から期待に反して、すぐに成果が出ないことでストレスを抱える可能性も考えられます。

また残業が1日1時間程度と聞いてたいのに、月間で40時間以上になってしまうなど、ライフワークバランスが想定外の働き方となった場合などは、これもストレス要因となるでしょう。

転職後のストレス要因となりうるもの
  • 人間関係
  • 慣れない仕事
  • 成果が出ない
  • 予定外の長時間勤務

人間関係を把握することはなかなか難しいのですが、相手によってストレスを抱える事がないよう、「そんな人もいるだろうな。」と把握しておく必要があります。

事前に想定してデメリットとして把握おくことで、転職失敗した!という思いを減らすことができます。

転職とは少し違いますが、もしあなたが現職においてストレスを感じてしまっているとしたら、こちらの記事が参考になるかもしれません。

デメリットを作らない方法

デメリットは受け入れられない、でも転職はしたい。

今の環境を変えたい。ライフワークバランスを重視しつつ年収をあげたい。

そんな方には以下の2つをオススメします。

副業をする

本業に割いてきた時間を見直し、副業での収入を増やすことを本気で考えてみてください。

人生100年時代や、老後2000万円問題が議論されています。

うみさる
うみさる

今の仕事や転職先の仕事だけで、人生を充実させることが出来るでしょうか?

困った君
困った君

確かに仕事人間になりそうだし、今後も考えるとつまらない人生になりそうですね…

現実的には企業において勤め人をしていけるのは、65歳~70歳まで。

元気に働けた前提での年齢はそのくらいです。

シルバー人材としてその後の人生を歩んでいくのも気楽で良いでしょうが、警備のおじいちゃんや、何かの監視をするだけ、みたいなのは仕事として楽しくなさそうですよね。

もっと人生を楽しむためには、自分の好きなことで収入を得られたらどうでしょう?

仕事一本で人生を歩んでいくのも良いのですが、人生に悩んで今後のキャリアを考えている今だからこそ、今の仕事とは別で、自分で副業で稼いでいくことを選択肢の一つとして本気で考えてみてください。

転職エージェントにデメリットをつぶせるのか相談

デメリットを知って転職することに迷いを感じたら、絶対に転職エージェントに相談すべきです。

理由は2つ。

1つ目の理由は、迷っていてはいい転職はできないという事。

2つ目の理由は、あなたが一人で思い悩み「そんなリスクがあるなら転職は無理だ…」とあきらめてしまったら、この先もずっとあなたの人生は変わらないからです。

何かを変えたいなら第三者である転職エージェントに相談して、可能性を探ってみましょう。

転職を迷ったら転職エージェントに相談すべき理由
  • 迷っていてはいい転職はできない
  • 第三者に相談することで可能性が広がる

転職エージェントは、あなたの転職を成功させて初めて報酬がもらえる仕事なので、転職することを進めてきます。ここで迷って流されるのはNG。

転職エージェントへ相談する場合には、以下の事項を整理しておく必要があります。

「転職において実現したいこととは何なのか?」

「転職においてリスクや、デメリットと感じていることは何なのか?」

この2つを準備してから、「その他に自分が見落としているデメリットがないのか?を把握したうえで転職を考えたい。」と相談をしましょう。

準備をしてから相談することで、あなたの相談内容が具体化し、現実に即したアドバイスを得ることができます。

転職エージェントにデメリットを相談する前の準備
  • 転職において実現したいこと
  • リスクやデメリットと感じていること
  • 見落としていることがないかを相談し、転職するか判断

30代の転職を成功させる対策5選

30代の転職を成功させる対策5選

ここからは「転職を成功させるための対策5選」をお伝えします。

今は転職活動の初期段階だと思います。

全体を頭に入れて、必要なタイミングで5つのことが出来ているかどうか?を振り返れるようにするのがオススメです。

【1】何を実現させる転職か?の優先順位

まず初めに転職において最も実現したいことは何か?を明確にすることです。

年収を上げたい。

仕事以外の家族との時間、ライフワークバランスを整えたい。

未経験だがどうしても携わりたい業界があり、チャレンジしたい。

経営に携われる仕事がしたい。

転職において実現したいことは、いろんな要素があると思いますが、あなたの優先順位は決まっていますか?

転職において実現させたいこと例
  • 年収アップ
  • ワークライフバランス
  • 携わりたい業界へのチャレンジ
  • 経営に携わる

30代の転職で希望をすべてを実現させるのは不可能と思ったほうが良いでしょう。

だからこそ優先順位が大切です。

実現させたいことをすべてを書き出して、最も実現させたいことは何か?優先順位を考えておくのです。

「こんなはずじゃなかった」を防止するために、最優先事項以外はあきらめる必要があると想定しておきましょう。

優先順位の決め方について、以下の記事でもさらに詳しく解説しています。

【2】転職活動は在籍しながら

まれに転職先が決まっていない状況で、30代でも現職を辞めてしまう人がいます。

転職先が決まらない上記で現職を辞めるのは30代の転職において、絶対に辞めましょう

1点もメリットがありませんし、むしろ計画性や将来への見通しという点からは、採用企業からマイナスに思われてしまう事しかありません。

私の知人で無鉄砲にやめてしまった人がいます。

その人は転職先での上司とのウマが合わな過ぎて、転職1年経った頃に上司と喧嘩別れをし、次の転職先を決めずに辞職をしてしまいました。

うみさる
うみさる

非常に優秀な方ですが、そこからの転職活動にはとても苦労していました。

現職がハードすぎて、辞めないと転職活動ができないという場合は、

「体調がすぐれないので定時内の勤務にさせてほしい。」

といった要望を出して、現職に居続けたまま転職活動をしましょう。

転職先を決めずに辞めることは、百害あって一利なしです。

【3】企業を徹底的に調べ、できれば財務諸表を見る

30代の転職先を選ぶ際は、徹底的に企業情報を調べる事が重要です。

転職情報には、企業の良い面しか出てきません。

転職エージェントでは、企業のポジティブ面を全て伝えてくれても、ネガティブな面を全て吸い上げられているか?でいうと疑問符がつくでしょう。

結局は自分の情報収集力次第なのです。

OpenWork(旧Vokers)

OpenWorkは必ずチェックし、企業情報について情報収集したいサイトです。

企業の「社員・元社員」から独自に収集した「年収・待遇」や「職場環境」の評価・レビューが投稿されているサイトです。

就職・転職前に企業のクチコミをリサーチできます。

OpenWorkで収集可能な情報
  • 組織体制・企業文化
  • 入社利用と入社後ギャップ
  • 働きがい・成長
  • 女性の働きやすさ
  • ワーク・ライフ・バランス
  • 退職検討理由
  • 企業分析(強み・弱み・展望)
  • 経営者への提言
  • 年収・給与

上場企業はIR

30代で転職する場合、大企業でなく中小企業であれば、課長・部長職以上の役職で採用されることもあるでしょう。

その際に意識しておきたいのは、「財務諸表」で企業の経営状況を把握するという事です。

上場企業においては、決算・IR情報を見て、企業の業績、財務諸表をチェックしましょう。

経営状況が芳しくない会社が採用活動をしていることは稀ですが、ベンチャー企業の場合はイケイケドンドンで採用をしており、急に風向きが変わることもありうるのです。

これは私自身がベンチャー企業に長年在籍している実体験から言えます。

G-seachデータベース

転職先企業が上場企業ではない場合は、G-Searchデータベースを活用してみるのがオススメです。

G-Searchデータベースは、富士通の子会社で全国145万社以上の企業情報を調べられるデータベースです。「企業概要」「業績データ」「評点」など企業信用・与信調査に必須な情報が得られます。

情報元は帝国データバンク、東京商工リサーチなど10社の情報を一括検索可能です。

財務諸表の取得には、月額300円と、1社あたり7,500円が必要です。

最終的に面接まで進んだ段階や、内定を受けるかどうかのタイミングで財務状況をチェックし、応募、転職の判断をしましょう。

業界選び、そして企業研究

「業界選びから始めていきたい。」「まだ次の転職先の候補企業が決まっていない。」という方には、以下の記事で「企業研究」の方法を詳しく解説をしています。

伸びる業界の見つけ方や、埋めるだけで簡単に分析できる「企業研究シート」も無料ダウンロード公開しています。

【4】家族の理解

家族の理解

30代の転職において、必ず必要なのは家族の理解です。

例えば年収が上がれば問題ありませんが、下がることによる家庭への影響は必ずあります。

ライフワークバランスを重視したいとあなたが思っていても、パートナーは今でも十分だと思っている場合は、すれ違いになってしまう可能性もあります。

子供の教育のこと、家族の住む場所、生活時間、など様々なことが変わる可能性があります。

家族の理解を得ておくべき項目例
  • 収入の変化
  • ライフワークバランス
  • 子供の教育への影響
  • 家族の住む場所
  • 生活時間の変化

家庭環境が変わる事は、いろんな面でパートナーの理解を得ておく必要があります。

パートナーの理解を得るためには、話すタイミングや内容、その順序が非常に重要です。あなたの考えをまとめてから、家族には相談をしましょう。

転職を家族に相談するのに悩む方向けに、以下の記事で詳しく解説しています。

【5】20代でも30代でも40代でも共通の対策

30代の転職で重要なことの5つ目は、全年代共通の対策です。

20代でも、30代でも、そして40代でも共通な必須項目なので、次の章でお伝えします。

転職活動において共通な必須対策

全ての年代での転職活動に必要なのは、「自己分析」と「書類の準備」です。

それぞれ見ていきましょう。

自己分析

困った君
困った君

30代になって、今更また自己分析するの?

そう思うかもしれませんが、ここでの自己分析はあなたの想像しているものと少し違います。

キャリアの棚卸し

自己分析としてキャリアの棚卸しをします。

キャリアの棚卸しとは、これまでの仕事でやってきたこと、残した成果、それによって得た物を時系列に全てまとめることです。

「キャリアの棚卸し=自己分析」は、転職活動をしない限りは、意外とやっていない人が多いのです。

企業からは「どんなことが出来る人なのか?どう貢献できるのか?」を見られます。

自分自身を客観的に捉えて、評価出来ているからこそ、自分をアピールできます。

キャリアの棚卸しは出来たけれど、「今後どうしたらよいのか」までは考えていなかった。

キャリアプランを考えてみたことがなかった、という方は、こちらの記事も参考にしてください

適性診断もある

自身のキャリアを振り返った後は、適性診断も実施してみましょう。

ミイダスは職務経歴や経験・スキル情報からあなたの市場価値を診断してくれます。

\ 5分で登録完了 /

無料で適性診断が可能です

書類の準備

転職活動において必ず準備が必要になるの書類は履歴書と、職務経歴書の2つです。

近年はリファラル採用や、スカウト形式での採用・転職活動も増えてきましたが、それでもこの2つの書類は必ず必要になります。

履歴書

履歴書については、改めて30代で意識したいのは次の2点です。

一つ目は「丁寧に書く」こと。

どんなに優秀な方だったとしても、書類から誤字脱字があってはいけません。肝心なところで手を抜いてしまう人や、うっかりミスが多いのかな?といった無駄な勘繰りをされる原因を与えてしまいます。

二つ目は「熱意が伝わる内容を書く」こと。

履歴書で熱意がアピールできるポイントは多くはありません。

仮に勉強中、取得予定の資格があれば、資格欄にその旨を書いておくとよいでしょう。

履歴書で意識すべきポイント
  • 丁寧に
  • 熱意を伝える

企業にはあなたが勉強していることを伝えるタイミングは少ないです。

使えるものはアピールポイントとして使っていきましょう。

職務経歴書

職務経歴書には決まったフォーマットはありません。

だからこそキャリアの棚卸しを行う必要があるのです。

キャリアの棚卸しでわかるアピールポイント例
  • 過去の業務で得た経験や、それによって得た知見として◆◆があります。
  • それらを活かして転職先の企業においても、○○の貢献ができる。

ただこれまでの職務を書き連ねるだけではなく、上記のような実務で得た経験と、それをどう活かせるか?というアピールを盛り込んだ職務経歴書を作る必要があります。

さらに意識しておきたいのは、30代では職務経歴書を応募企業毎に変える。という事です。

企業毎に評価されるポイントや、求めるものが違うから、個別に企業に合わせた職務経歴書をアレンジするのです。

複数業界をまたいでの転職活動であればもちろんですが、同業界だったとしても企業毎の色があります。

コーポレートサイトや、採用ページなどを事前に確認し、企業の求めている人材像と自分がマッチするところを探し、アピールにつなげましょう。

30代転職者のリアルな声

30代での転職を良かった!という経験にするためにどんな成功や、失敗があるのかを把握しておきましょう。

良かったこと

コロナウィルスの影響による在宅勤務、テレワークが促進されています。

多様な働き方や働く環境に対応していける仕事は「働き方開拓」が叫ばれる2020年以降において、転職メリットです。

悪かったこと

一方でチャレンジで未経験の業界に飛び込んで、想像と違う現実に悩んでいる方もいます。この対策としては、前段にお話ししたデメリットをどれだけ想像してつぶしておくか?が重要だと言えます。

結局はマインド

燃え殻さんはTwtterフォロワー20万人超(2020年7月現在)のテレビ制作の方。

この方のTweetが示唆に富んでいたのでご紹介します。

「常に今が一番可能性ある」という環境を作れ。

とても共感する内容です。

20代向けの方を例にとった投稿ですが、30代でも、40代でも同じ。

自分自身が転職するという道を選んだのであれば、全力で頑張って転職先で成果を出して、転職したことを成功と言える努力をすればいい。

周囲のせいにして転職が失敗だと思うかどうか、は結局は自分次第なのです。

自分の可能性を信じて生きてるほうがカッコイイですよね。

転職の準備に少しでも迷ったり、困ったら

転職の準備に少しでも迷ったり、困ったら

そうは言っても30代での転職は未知の領域だし、色々悩む方も多い事でしょう。

どんな企業が良いのだろうか?

私のキャリアの描き方はこれで大丈夫かな?

そういった心配は、私自身も同じ境遇だったのでよく分かります。

転職エージェントに相談する

転職活動に少しでも迷ったなら、転職エージェントへ相談しましょう。

30代以降の社会人人生は、転職エージェントに常に自分のキャリアを相談する。

そのくらい転職エージェントを使い倒しても良いと思います。

転職エージェントを使う代表的なメリットは、以下です。

30代で転職エージェントを使うメリット
  • 転職失敗のリスクを減らす
  • 客観的な視点でキャリアのアドバイスをもらえる
  • 非公開求人など自分では見つけられない情報がある

リスクにおびえてばかりで動けないのは、動いていないのと同じ。

転職をするかどうかは、内定を得てから考えればよいのです。

あなたが内定を何社からも得られる保証は、どこにもないのです。

オススメの転職エージェント

30代での転職エージェント活用は、複数社に登録し、広く情報を集めましょう。

私自身も転職エージェントは同時期に複数とやり取りをしています。

応募したい業界が得意なのかどうか、エージェントごとに同じ質問を投げかけて、その返答を確認し、まとめをします。

この方法をとることで、多角的に情報収集ができ、判断材料が増やせのです。

オススメは最低でも3社のエージェントへの登録です。

こちらの記事で30代にオススメな転職エージェントについて解説しています。

30代の転職を成功させるまとめ

30代での転職を成功させるには、事前にメリット・デメリットを把握しておく必要があります。

そのうえで転職を成功させるためには、5つの対策が必須です。

30代転職を成功させる対策5選
  • 何を実現させる転職か?を明確に
  • 転職活動は在籍中に
  • 起業調査の徹底と、財務諸表チェック
  • 家族の理解
  • 自己分析と書類の準備は怠りなく

これらの対策をしつつ、少しでも不安を感じたら転職エージェントを活用して、確実に成功する転職を実現させましょう。

他の未来へ向けて、転職成功となるお手伝いが出来ていたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました