パソナキャリアのいい評判を目にしない?そんなことなかった!実際に使って転職活動した経験談

転職

この記事は以下のようなお悩みをお持ちの方に、きっと参考になると思います。

困った君
困った君
  • パソナキャリアのいい評判を聞かないな・・・本当かな?
  • パソナキャリアを使った人の評判を知りたい
  • リクルートやdodaと比べて、パソナはどう?

30代後半から40代の方が転職活動をするときに、パソナキャリアは使える転職エージェントなのでしょうか?

うみさる
うみさる

結論からお伝えすると、パソナキャリアはぜひ登録をオススメしたい転職エージェントの1社です。実際に利用してそう感じていますよ!

この記事では以下の2つの軸でパソナキャリアについて解説しています。

1つ目は、私が30代後半の転職活動時にパソナキャリアを使った感想を。

2つ目は、転職活動中にパソナキャリアを使った方の声と、その評判です。

本記事でわかるパソナキャリアの情報
  • 転職活動にパソナキャリアを使った感想
  • パソナキャリアを使った方の声と、その評判

私自身が転職エージェント10社ほど登録をし、各社と面談をして転職活動をしてきました。

その中でパソナキャリアは担当者がとても親切で、連絡頻度も程よく適切、そして安心してやり取りができました。

リクルートやdodaを使っているけれど、パソナキャリアはどうなんだろう?と思っている方にも、ぜひオススメしたいエージェントです。

パソナキャリアの口コミ・評判は?

パソナキャリアの口コミ・評判は?

早速パソナキャリアの口コミや評判を見ていきましょう。

良い口コミ、悪い口コミ、両方から気づきがあるので、ご紹介します。

悪い口コミ

まず悪い口コミからご紹介します。

転職回数が多くて求人を紹介できない、と言われてしまったようです。

私は知り合いの転職エージェントに聞いてみましたが、よほどのことがない限り、転職回数だけで判断することはないとのことでした。

数か月に一回、転職を繰り返していて転職回数が20階を超えるなど、見えない情報があったのかもしれません。

担当者がこちらの意向をくみ取れない人だった。というのが上記2つに共通するように思います。

これはおそらく担当者次第で、どこのエージェントでも起こってしまいそうです。後述しますが、質の悪い担当者がいたという事でしょう。

以下はパソナキャリアのエージェント自体ではありませんが、パソナという会社についてのネガティブな印象のお話です。

パソナ×GoToキャンペーンの利権に絡んだ話ですが、これ自体は転職エージェントのサービスに影響するものではありませんね。

良い口コミ

そして良い口コミです。パソナキャリアは全般的に良い印象の口コミが多いです。

「他のエージェントから連絡が来なかったという方でも、連絡が来ていた。」という声もあり、対応が丁寧だという評判も目に留まります。

上記のように、「パソナには非公開求人が多い」、また「親身に相談に乗ってくれる」といった声はよく目にします。

これはきっと企業体質で、「転職者に寄りそう」という考えが共通しているのでしょう。

アラフォー世代の私たちと同じ年代の方も、パソナキャリアで懇切丁寧に対応してくれたという印象を持っています。

私自身の経験からも、パソナキャリアを一言で表すのであれば、「寄り添い型」です。

それだけ転職者の気持ちが分かるエージェント = パソナキャリアだという事でしょう。

パソナキャリアの悪い評判について

ここまで読んでいただいて、安心できた方はぜひパソナキャリアを使ってみてください。

それでもまだ不安だという方に向けて、パソナキャリアの悪い評判を色々と探し、まとめると以下が目につきました。

悪い口コミの内容
  • 求人が少ない、紹介できる求人がない
  • 連絡が遅い、連絡がない
  • 担当者の質が低い

どれも実際にこれらの評判を目にすると、「パソナキャリアって大丈夫か?」と不安になってしまいますよね。

うみさる
うみさる

冒頭でもお伝えした通り、パソナキャリアはオススメできることを私が実証済みなので、大丈夫ですよ!

以下で詳しく解説します。

パソナキャリアは求人数が少ない?

先に結論ですがパソナキャリアの求人数は、決して少なくありません。むしろ日本でもTOP3に入る多さです。

パソナキャリアで紹介できる求人が少ない、もしくは紹介できないと言われた方は、細かい希望を選定しすぎて求人を紹介できない、と言われてしまったのではないでしょうか?

これは推測の域を出ないため、実際にパソナキャリアの求人数が少なくないことをデータで確認しましょう。

以下に主要な転職エージェントの求人数、非公開求人数をまとめました。

エージェント名求人数非公開求人数特徴
リクルートエージェント約20万件約10万件転職支援実績No.1
doda約10万件約4万件
パソナキャリア5万件以上約4万件転職後年収アップ率
67.1%
マイナビエージェント1万件約8,000件20代に信頼されている転職エージェントNo.1
JACリクルートメント1.5万件約9,000件管理職・技術/専門職転職のエキスパート

パソナキャリアはリクルートエージェント、dodaに次いで求人数が多いことが分かります。

全体の求人数は3番手ですが、非公開求人数はdodaと並びます

そして私自身の体験としても、初回面談後の1週間で、週5-10社くらい求人を紹介されました。

パソナキャリアから紹介される求人が少ないと嘆いている方は、転職を考える前に、一度あなた自身の経験の価値を見直すことが必要かもしれません。

パソナキャリアは連絡が遅い?

パソナキャリアは連絡が遅いのでしょうか?

私の体験ではパソナキャリアの連絡が遅いとか、そんなことは一切ありませんでした。これも安心してほしいポイントです。

「エージェントからの連絡」というと、大きくは2つに分かます。

1つ目はエージェントへの登録後、面談までの手続きの連絡が遅い。

2つ目は面談後の求人紹介の連絡が遅い。もしくは来ない。

エージェントからの2つの連絡
  1. エージェント登録後、面談までの手続きが遅い。
  2. 面談後の求人紹介が遅い。もしくは来ない。

「1」のエージェント登録後の面談までの手続きですが、私の場合は登録の翌営業日には、すぐに面談設定の連絡が来ました。

そして1週間以内に面談を実施し、その後の「求人紹介」も、隔週に1回くらいの頻度で来ています。

実際に私自身はこのようにスムーズに進めることが出来ましたが、そうではない方も一部にいたからこそ、ネット上に悪い口コミが上がっているのでしょう。

ではなぜ「パソナキャリアの担当から、連絡が遅い、または連絡がない」という方が出てしまったのでしょうか?それには、以下の2つの要因が考えられます。

1つ目は、担当者がとても悪い方(=できない担当)にあたってしまった可能性です。

2つ目は、紹介できる求人が少なく、優先順位が後まわしになってしまった可能性です。

パソナキャリアからの連絡が遅いときに、想定される要因
  • 担当者が悪い(できない担当者にあたった)
  • 紹介できる求人が少なく、優先順位が後まわし

担当者が悪い場合は、「直接パソナキャリアの問い合わせ窓口に連絡し、担当変更してもらう。」が出来る対策になります。

もしくは「連絡がこないので、どうなっているか?」といった趣旨で、連絡を入れればよいですね。

次に紹介できる求人が少なく、後回しになってしまった場合ですが、これも問い合わせをしてみないと実際に紹介できる求人が少ないのかどうかは、分かりません。

問い合わせてみて、「紹介できる求人が少ない」となった場合は、さらに大手のリクルートエージェントや、dodaにまずは問い合わせてみるのが良いでしょう。

パソナキャリアの担当者の質が低い?

残念ながらどこの転職エージェントでも、質の低い担当者にあたってしまう可能性はあります。

エージェントの質が低いと思ったら、率直に担当変更を申し出ましょう。

パソナキャリアに限らず、連絡が遅い、担当者の質が低いというのは、会社ではなくて個人に依存するところが大きい要素です。

私自身が本業で数十社の発注先とやり取りをしていますが、その中でもすぐに連絡をくれる担当者、こちらから連絡を入れて催促をしないと返答がない担当者など、人は本当に様々です。

担当のエージェントとの相性が良くなかった、という可能性を頭に入れて「担当変更の依頼」という奥の手を知っておくと、転職活動の幅も出てきます。

パソナキャリアの転職サービス内容は?

パソナキャリアの転職サービス内容は?

私が実際にパソナキャリアを使った際の、登録から面談、求人紹介までの流れを紹介します。

STEP1:登録

まずはパソナキャリアへの登録です。

公式HPにもあるように約3分で登録完了できます。

実際に私も登録時間を計ってみましたが、3分かからずに登録が可能でした。

休憩時間や、通勤時間に実施することも可能です。

新型コロナウィルス対策として、転職エージェントの面談は基本的にオンラインでのWEB面談中心になっています。パソナキャリアも電話やWEB会議システムを利用しているとの記載があり、安心して利用できます。

ちなみにパソナキャリアのWEB会議は、Microsoft Teamsでした。

STEP2:日程調整の連絡

私の場合は、登録当日に日程調整の連絡が来ました。

こちらから「面談可能な候補日」をいくつか送る形式でした。これはどの転職エージェントも同じですね。

そのため事前に複数の候補時間を探して、一度に複数のエージェントへ登録し、同時並行で交渉するのが効率良くオススメです。

オススメの転職エージェントを一気に知りたいという方は、こちらの記事を参考にしてください。

STEP3:面談日の決定

登録からは5営業日後(実質7日後)でした。

=<電話面談詳細>===================
■日  時:2020年〇月〇日(火) 20時00分〜【30分程度】
■担  当:●● □□
■WEB面談システム利用

※こちらからお電話致します。
※WEB面談の準備については添付の資料をご覧ください。
※Google ChromeもしくはMicrosoft Edge環境、または「Microsoft Teams」アプリのダウンロードが必要です。
面談までの間にアドバイザーから接続について、別途アナウンス致します。
============================

実際に「面談日確定」の連絡がきた内容です↑

夜20時からの面談希望に対しても対応してくれました。

面談時間は30分予定となっていたので、

うみさる
うみさる

パソナキャリアの面談は、かなりあっさりなのかな?

と思いましたが、実際には質問を少し多く投げかけたこともあり、約50分ほど時間をいただきました。

こんなことからも

うみさる
うみさる

パソナキャリア親身に相談に乗ってくれる会社だ

ということが感じ取れました。

STEP4:面談までの準備

面談確定の連絡と合わせて、以下の3点を面談までに準備してください。と連絡が来ます。

1)キャリアシート(履歴書でも可)

2)職務経歴書:A4サイズ・書式自由

3)希望条件登録(マイページで入力)

私はこのうち、職務経歴書の準備のみで臨みました。※特に問題はありませんでした。

STEP5:面談実施

面談はMicrosoftのTeamsです。

別のエージェントで電話面談をしたことがありますが、顔も見えずに、声だけなので、伝わっているのかどうか?が分からない瞬間もあり、ストレスでした。

初見の相手と自身のこれまでのキャリアや、今後の展望といった重要事項を話す面談なので、顔が見えることの安心感は大きいと感じます。

初回面談の内容としては、主に以下の流れでした。

初回面談の内容
  1. 転職希望内容(業種、職種、希望時期、年収条件など)を確認
  2. 今後の進め方についての案内
  3. 求人票がWebで届いた後の対応について

中でも私がパソナキャリアをオススメしたいのは、「3」の求人票のやり取りです。

求人票を複数、かつ定期的に送るので、それを見て志望とマッチしているかどうかを教えてほしい。といエージェントからの依頼でした。

面談後はエージェントは求人票を送ってきますが、その後は転職者任せになることが多いです。

困った君
困った君

求人をもらったけど、志望に合わないなぁ・・・

複数のエージェントとやり取りしていると、こんなことはよくあります。

ですがいくつもの候補から、マッチしてるかどうかを教えるだけでよい。というのはお互いの考えをすり合わせるのにとても良い過程だと感じました。

求人票について案内されたのは2つです。

1つは、5社くらいの求人票を、7日後くらいまでに送るという点。

もう1つは、企業に興味があれば「保留」、興味がなければ「辞退」するだけでOKという点。

求人票への対応

企業に興味があれば「保留」、興味がなければ「辞退」するだけでOK

次に何をすべきか?を示してくれますので、そのエージェントと今後どうやって連絡を取り合うのが良いのか?といったことが意識できました。

STEP6:求人票への対応

求人票の連絡は、まずメールが届きます。

そのメールに個別に発行された「パソナキャリアのマイページ」から確認するよう記載されています。

WEB画面から求人票を確認すると、以下のような求人票が確認できます。

少し興味があれば、「検討する」フラグを立てます。

興味がない場合は、「求人詳細を見る」⇒「辞退」ボタンを押します。(次の画面に遷移する必要があるのが少し面倒でした)

私は転職を検討すると伝えていた時期が半年先だったこともあり、まずはこの求人票で志望の方向性を担当のエージェントとやり取りを重ねていきます

もちろん転職フェーズによって様々な進め方があると思いますが、半年先となると転職のことばかりを常に考えている状態ではなくなります。

実際にこの求人票は2週間に1度程度5社~10社弱が届きました。

ほどよい距離感で、転職への意識をしつつ、自身の転職への志望を確認することが出来るため、おすすめです。

先にもお伝えしましたが、サポートの頻度が高い、押しすぎず、引きすぎず、ちょうどいい接触頻度でした。

パソナキャリアの得意な業界・業種は?

転職エージェントは非公開求人の比率が多いですが、一部サイト上でも求人公開しています。

その求人の業種をカテゴリ表示している業種については、各エージェントが得意としており、求人数も多いと想定することができます。

パソナキャリアについては、以下の業界が得意だと考えられるでしょう。

パソナキャリアの得意業種
  • 製造業(メーカー)
  • 流通・小売・サービス
  • IT
  • マスコミ・広告
  • 金融・保険
  • 不動産・建設
  • コンサルティング・士業
  • 医療・医薬品
  • 教育・人材ビジネス

実際に私もこのカテゴリの中の業種で働いているため、求人数は確かに多い印象です。

パソナキャリアをオススメしたい人

個人的な経験からも、30代後半から、40代の転職で、パソナキャリアをオススメしたいのは以下のような人です。

転職初期、もしくは転職は数回目で慣れていない。

転職活動に対して親身にフォローしてくれるエージェントを希望する方。

自分の市場価値は一定レベルであるとわかっている方や、年収500万円以上ある方。

パソナキャリアをオススメしたい人
  • 転職初期・慣れていない
  • 親身にフォローしてもらいたい
  • 市場価値がある
  • 年収500万円以上

パソナキャリアをオススメできない人

逆にパソナキャリアをオススメできない人は以下のような方です。

最初から最高のエージェントに巡り合いたいという方。

自分の手間は減らして、いい求人だけ案内してほしいと思ってしまう方。

転職活動は最後の責任は自分自身なので、自責の念で転職エージェントも動かしていくことが必要ですね。

パソナキャリアをオススメできない人

最初から最高のエージェントに巡り合いたい

自分の手間は減らして、いい求人だけ案内してほしい

パソナキャリアについての評判と経験談のまとめ

悪い口コミには「求人が少ない」、「連絡が遅い」、「担当者の質が低い」という内容が多い印象。

ただしこれらのマイナスポイントは、自らエージェントの担当変更を依頼することで解決できる内容もあります。

良い口コミには「親身になってくれる」、「寄り添い型」と感じる対応が多いです。

私の個人的評価ではパソナキャリアはオススメできます。

パソナキャリアをオススメしたい人
  • 転職初期・慣れていない
  • 親身にフォローしてもらいたい
  • 市場価値がある
  • 年収500万円以上

\ 約3分で登録完了 /

無料登録後もお金はかかりません

パソナキャリアの会社概要

最後にパソナキャリアの会社概要です。

会社概要株式会社パソナ
社是社会の問題点を解決する
求人数求人件数50,000件以上(非公開含む・80%が非公開求人) 
取引実績16,000社以上
2020年オリコン顧客満足度調査 転職エージェント 第1位
エージェントからの提案提案頻度が高く、求人の方向性もあっているものがきちんとある

転職活動の進め方について

転職活動を進めるにあたって、どう進めたらいいのか?という不安がある方に向けても記事を書いています。まだ転職初期にいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました