転職の優先順位がない人は危険!?30代が転職成功のために絶対やるべき準備3選!

転職

この記事は以下のような方に向けて書きました。

困った君
困った君
  • 転職の優先順位を、どう決めるべきなのか困っている
  • そもそも転職に優先順位がなぜ必要なのか知りたい
  • 失敗しない転職をするために、転職軸(優先順位)を決めたい

この記事を読めば、転職の優先順位についての悩みを解消出来ます。

私自身が転職で何を優先すべきか?を思い悩み、思考錯誤してきました。

実現したいことが山ほどある中から、どうやったら転職失敗せずに、希望が実現できる転職ができるか?を研究したからこそお伝え出来ます。

前半では転職の優先順位を決めなかった場合の失敗例、成功例が分かります。

記事の中盤では、「入力するだけでわかる転職の優先順位シート」をダウンロードいただけます。

重要なのでもう一度言いますね。

「入力するだけでわかる、転職の優先順位シート」を無料でダウンロード出来ちゃいます!

30代においては守るべき家族がいたり、失えないものが沢山ある。転職では絶対に失敗したくないですよね。そしてこれからキャリアアップをしていく、大切なタイミング。

うみさる
うみさる

私が過ごした悩み続ける時間を、皆さんには過ごしてほしくない!

そんな思いから優先順位シートを無料公開しています。ぜひ有効活用してください!

30代の転職で優先順位を決めないと人生失敗する?

30代の転職で優先順位を決めないと人生失敗する?

人生失敗となる理由、それは30代が人生の岐路ともいえるべき年代だからです。

これから引退までの約20年働いていくうえで、どんな人生を歩んでいくのか?の基点になるタイミング。それが30代です。

これを読んで優先順位がなくて、急に不安になった方、大丈夫です。

この記事を読めば、あなたの転職の優先順位を決めきることができます!

理想はすべてはかなわない

年収アップ、毎日定時までの仕事、やりがいもあり、ボーナスも出て、事業の成長性も素晴らしい。

転職における理想は、これらの希望を全て実現できる会社を見つける事でしょう。

エージェント
エージェント

全部叶えるのは無理です。

その希望は今ここで捨てましょう。

これは過去の転職において、右も左も分からない私が、「あれもこれもかなえたい!」と希望を出しまくった結果、転職エージェントから言われたひとことです。

エージェント
エージェント

でも全部叶えるのは無理だけど、優先順位を絞ることで希望を叶える転職が可能ですよ。

この言葉に救われました。

え!?どういう事?!と思いますよね。次を確認ください。

転職の優先順位がなぜ必要か?

転職の優先順位がなぜ必要か?

「転職の優先順位」が必要な理由は、あなたが今後の人生を後悔しないためです。

こんなはずじゃなかった、を防止する

優先順位が整理できず、あれもこれもという人は、転職先に様々な変化を期待し、転職します。

そして「転職先に期待していたこと」と、「現実」とのギャップがあった場合、「こんなはずじゃなかった・・・」とまた不満を抱え、転職を繰り返すことになってしまうのです。

こんなはずじゃなかった人生、、、なんて思うのは不幸以外の何物でもありません。

転職の優先順位を決める事は、「こんなはずじゃなかった」を防ぐ以外にも、様々なメリットがあります。

メリット:転職成功の確率が高まる

まず優先順位を決めておくことで、転職成功の確率が高まります。

仕事においても成果を出すためには、最も重要なことにフォーカスを当てて取り組むことが必須ですよね。普段の仕事ですでに皆さんが実践していることだと思います。

転職においても、「最も転職成功のために重要なことは何か?」にフォーカスすることが大切です。

そして転職成功かどうかは、仕事とは違い、あなたしか結果が分かりません。

他人があなたの転職を成功かどうか、判断することはできません。転職の優先順位を決め、転職成功をさせることが出来るのは、あなただけなのです。

メリット:転職先を選びやすくなる

転職の優先順位を決めておくことで、志望企業を絞りやすくなります。

30代の転職活動で転職エージェントの活用は必須ですが、転職エージェントと面談をすると複数の企業を紹介されます。

その時にA社は年収面のアップ幅が大きくて魅力的だし、B社は年収アップはそこまでではないが、事業内容により魅力を感じる。C社も成長性が高くて捨てがたい。

でもあなたが転職できるのは1社だけです。

複数社で悩むというシーンは必ずやってきます。

最終的な転職先の決定タイミングにおいて、転職の優先順位を持っていることで、あなたの希望に合致した判断をすることが可能になります。

メリット:転職を繰り返してしまう失敗を防止

エン・ジャパンの運営する「ミドルの転職」が、30代以上で転職した方に対するアンケートの結果です。

「入社した会社が期待を下回っている」と答えた方が約70%。

【図1】あなたが転職し入社した企業は、当初の期待と比べて実際はどのように感じましたか?

転職後のギャップ調査 ミドルの転職

中でも「こんなはずじゃなかった」というのは、「期待を大きく下回る」と回答した方でしょう。こうならないためには、事前の準備が非常に大切です。

転職の優先順位を決めておかないと、「こんなはずじゃなかった。」という転職をする確率が高くなります。

そして「こんなはずじゃなかった転職」をすると、もっといい会社があったはずだ。と思い、再び転職を繰り返してしまうことになります。

ちなみに「転職ギャップがあった理由は?」の回答では、「入社前の情報収集が不足していたため」といういう理由が最多で35%。

【図3】転職後にギャップがあった原因は何だったとお考えですか?(複数回答可)

転職後のギャップ調査 ミドルの転職

転職の優先順位を決めて、転職先ではその希望が満たせるのかどうかを自ら調べ、判断することが重要だとわかるアンケートです。

デメリット:固執するあまり志望企業が狭まる

メリットがあれば、デメリットもあります。

優先順位を細かくしっかりと決めると、「何としても実現したい!」となりますよね。

理想を追い求めて固執すると、あなたの希望に沿った企業がなかなか見つからない。という可能性があります。デメリットですね。

ですが上記のアンケートでも、「妥協せざるを得なかったために、転職後にギャップを感じる。」と答えている方が約30%います。

転職の優先順位を実現させるのか、転職先企業が見つからなかった場合は、妥協して転職し、転職後にギャップを感じるのが良いのか。

全ては事前に転職の優先順位を決めておくことで、想定できる内容となります。

それだけ転職の優先順位を決めておくことは重要です。

転職の優先順位って何がある?

転職の優先順位って何がある?

具体的にはどんな項目を「転職の優先順位」として考えればよいのでしょうか?

大きくは2つに分類されます。

ひとつ目は今後のキャリア形成に関わってくる、3-10年の中長期で大切になってくる視点

ふたつ目は転職先企業においてを意識した1-3年の比較的短期視点

まとめると以下のように分類が可能です。

キャリア形成(3-10年)マネジメントか専門職か
キャリア形成(3-10年)業界・職種・仕事内容
キャリア形成(3-10年)収入
転職先(1-3年)職場環境・労働環境
転職先(1-3年)福利厚生
転職先(1-3年)会社組織
転職先(1-3年)経営方針
転職先(1-3年)女性視点

それぞれどのような内容があるか、具体的に詳細を見てみましょう。

後半ではチェックシートに入力するだけでわかる、「転職の優先順位発見シート」を無料ダウンロードいただけます。

キャリア形成(3-10年)

まずあなたのキャリア形成を考えた3-10年単位で重要になる事。

これは次の転職先だけでなく、さらに先を見据えたキャリアをイメージしておくという点で大切です。

具体的にはあなたが今後どのような能力を身に着けていくか?によって、出来る仕事が変わってくるからです。

マネジメントか専門職か

30代の転職だからこそですが、次の仕事が今後の人生を変える意識を持ちましょう。

例えばマネージメント能力を発揮して組織を引っ張っていくのか?

それとも専門職としてその道を極めていくのか。

これを3年間経験した後に、どのような仕事が出来ている自分になるか?を考えてみてください。

マネジメントか専門職か。

次の仕事を3年続けた未来で、自分のキャリアがどうなるか考える。

これは各業界・職種ともに共通した内容です。

業界・職種・仕事内容

業界、職種、仕事内容については今の仕事と同じ業界にいるのか、軸足を移していくのか?

これは特に今後その業界が伸びていくのか、頭打ちか、衰退していくのか?の観点で考えておくことが大切です。

伸びている業界であれば、成長に応じた収入のアップも期待できるものだからです。

職種が同じ営業職でも、業界・業種によって給与レンジが変わってくるためです。

また語学の点もこのタイミングで意識しておきたいポイントです。

全く同じ仕事内容だったとしても、英語が喋れるというだけで年収で約20%以上の差が出てきます。

今後伸びる業界か?

給与レンジが業界や、英語などで変わってくることを意識する

収入

収入(年収)については転職時のアップも大切ですが、その後の継続的な報酬体系も非常に重要です。

起業するわけではないため、所属業種や、所属企業における評価枠の中で、あなたの今後の収入がほぼ決まるからです。

意識しておくべきことは2つ。

業界における年収レンジがどのくらいなのか?

転職先の企業における年収レンジがどのくらいなのか?

  • 業界における年収レンジ
  • 転職先の企業における年収レンジ

この2点を意識しておく

業界は例えば営業職だったとしても、人材業界にいるのと、金融業界にいるのでは年収幅も違ってくるでしょう。

そして転職先の企業においては、課長、部長、執行役員、取締役、それぞれの年収がどのくらいなのか?で、今後のあなたの年収アップ幅が想定できます。

転職エージェント経由で確認をしておきましょう。

具体的な今後の年収のイメージを持つことが可能です。

転職先企業(1-3年)

転職先企業には10年、もしくは退職するまで20~30年在籍するかもしれません。

一方で新たなキャリアを描くために、1~3年でまた別の会社に転職をするかもしれません。

1~3年で変わることも考慮すると、優先順位は下がります。

5年、10年など中長期では優先順位はこれまでの項目と同様、優先度高く考えるべきです。

あなた次第になりますが、どんな内容があるかを確認しましょう。

職場環境・労働環境

職場環境は会社に依存する要素が大きい項目です。

勤務時間はどのくらいなのか?

残業は月平均どのくらいか?

休日は?有給休暇はどのくらい取れているのか?

勤務エリア、通勤時間は?

転勤はあるのか?

これらが職場環境、労働環境の代表的なものでしょう。

コロナ禍においてテレワーク・リモートワークが推奨されるようになり、職場環境による違いは少なくなっている部分もあります。

テレワーク・リモートワーク可否も考慮しておくべきですね。

  • 勤務時間や残業時間
  • 休日、有給休暇取得率
  • 勤務エリア、通勤時間
  • 転勤
  • テレワーク・リモートワーク

福利厚生

ライフワークバランスを重視したい方の場合、福利厚生は気になるポイントでしょう。

大企業から中小企業やベンチャーへの転職の場合、当たり前だった福利厚生制度がなくなるという可能性もあります。逆にベンチャーから大企業への転職の場合はその充実に驚くこともあるかもしれません。

具体的には以下のような項目です。

退職金制度、年金制度といった、その会社で定年や引退まで働いたときに関わってくるもの

家賃補助、社宅、子育て支援制度といった、比較的若い年代をサポートをするもの。

ストックオプションや、従業員持ち株会制度など、資産形成において関わるもの

ひとことで「福利厚生」と言っても様々なものがあります。

  • 退職金制度
  • 年金制度
  • 家賃補助
  • 社宅
  • 子育て支援制度
  • ストックオプション
  • 従業員持ち株会制度

これらの福利厚生は、無いよりはあったほうがいい。

もちろんです。

ですが面接時に「福利厚生はどんなものがありますか?」とは聞きづらいものです。

転職エージェントを使って情報収集するなど、工夫してみましょう。

会社組織

日系か外資系か、上場/非上場といったものから、社員数や、離職率、会社の沿革、役員体制、男女比率などが会社組織に含まれます。

会社を構成する要素がどうなっているか?といった点を頭に入れておくことで、現在の職場との違いを想像することが出来るでしょう。

  • 日系/外資系
  • 上場/非上場
  • 社員数
  • 離職率
  • 会社の沿革
  • 役員体制
  • 男女比率

経営方針

経営ビジョンともいえるものです。

転職活動だけではなく、就職活動時にも一度は皆さんがチェックしたことはあるでしょう。

ホームページ上でその会社の目指しているものがどんなものか?その思いに共感できるのか?といった視点でチェックしておくことが大切です。

経営方針に共感できるか?

女性視点

女性の活躍をサポートする体制がある企業かどうか?といった視点も、外せません。

結婚、出産かキャリアアップかを選ばなければならない。といった悩みを抱えている方がゼロではないのも事実です。

代表が女性の方であれば、積極的な女性視点での人材活躍がすでにあるかもしれません。

女性の取締役や執行役員、部長職、課長職の比率といったことを公表している会社も、女性が働きやすい環境をつくる努力がされているでしょう。

女性が活躍している企業か?

取締役、役員、部課長職の女性比率は?

転職の優先順位発見シート

私が転職の優先順位をつけるために活用しているシートを、無料ダウンロードいただけます

■エクセル:「.xlsx」ダウンロードはこちらから。

■スプレッドシート:「.ods」ダウンロードはこちらから。

このシートを記入していくだけで、自然と転職において何を優先すべきか?が分かるようになります。

シートを活用した、「転職の優先順位発見」のための更新方法を以下でお伝えしていきます。

絶対にやるべき3つの準備です。

【やる事①】転職したほうがいいのかどうか?

【やる事①】転職したほうがいいのかどうか?

まず転職の優先順位を決める前に、あなた自身が確固たる思いで「転職をするんだ」と強く思えているかどうか重要です。

転職の優先順位を考えている中で、転職したほうがいいのか、現職にとどまったほうがいいのか分からなくなってしまう人がいます

この場合は望み通りの転職はしづらくなってしまいます。

転職の優先順位を発見していく前に、まずは転職すべきかどうかを判断してみましょう。

【転職すべきかを判断する方法】

この方法は私が転職エージェントから教えられ、実際に転職すべきかどうかの判断として使っています。

①現職の好き・嫌いな点各3個リストアップ

まず現職の好きなところ、嫌いなところを各3つリストアップします。

この時頭に思い浮かべるだけではなく、ノートやエクセル等に記載し、記録に残しましょう。

日付と共に、その時にどんなことを考えていたのか?を後々振り返ることが出来るため、裏紙などではなく、記録が残せるものにするのです。

例えばこういった形でリストアップします。

■好き

  • 優秀な人が多く、学ぶところが多い
  • 目標としている仕事のスキルを習得できる
  • 業界TOPの会社としての知見、ノウハウが多い

■嫌い

  • 年収が自分の理想としているものには届かない
  • 労働時間が長い
  • 業界が狭くキャリアの応用がきかなそうだ

②現職の好き・嫌いを反転

次に挙げだした「嫌い」なポイントを反対の意味で捉えます。

■好き(そのまま)

  • 優秀な人が多く、学ぶところが多い
  • 目標としている仕事のスキルを習得できる
  • 業界TOPの会社としての知見、ノウハウが多い

■嫌いを反転(ポジティブに変換)

  • 年収が自分の理想に近づく
  • 労働時間が短い
  • キャリアの応用がききそうだ

③好きと嫌いを反転した6個を優先順位付け

次に②で好き・嫌いを反転した項目について、転職時に実現したい優先順位を1~6番までつけます。

例えば以下のような形です。

■好き

  1. 優秀な人が多く、学ぶところが多い     【4番】
  2. 目標としている仕事のスキルを習得できる  【5番】
  3. 業界TOPの会社としての知見、ノウハウが多い【6番】

■嫌いを反転

  • 年収が自分の理想に近づく ⇒年収アップする転職 【3番】
  • 労働時間が短い      ⇒労働時間は短く   【1番】
  • キャリアの応用がききそうだ⇒キャリアの応用がきく【2番】

「⇒」の右側に入れたように、転職時に実現したい項目として言葉を置き換えてみると、より分かりやすいでしょう。

④結果を分析

③まで完了したら、以下の項目のどちらにより近しいか、で転職すべきかどうかが判断可能です。

■「嫌いを反転したもの」が1~3番に多くある場合 ⇒転職したほうが良い

■「好き」が1~3番に多くある場合 ⇒転職しないほうが良い

転職時にかなえたい項目が、現職で実現できるのかどうか?を冷静に判断できました。

ちなみに私が挙げだした例では、嫌いを反転したものが上位に来ているので、転職したほうが良いということになります。

「かなえたい項目」について、どれだけ変化を希望しているのか?をフラットに判断することができる、オススメの方法です。

【やる事②】転職によってかなえたいことの優先順位を決める

【やる事②】転職によってかなえたいことの優先順位を決める

転職すべきかどうかが確かめられたら、次は優先順位発見シートを使って優先順位を決めていきます。

■エクセル:「.xlsx」ダウンロードはこちらから。

■スプレッドシート:「.ods」ダウンロードはこちらから。

【STEP①】転職によって変えたいことをすべて書き出す

転職によって変えたいことをすべて書き出します。

エクセルのC列、D列をチェックしながら記載してください。

記事の前半で解説した項目は全て入力されています。

転職によって変えたいことをすべて書き出す

こちらに網羅されていない項目があれば、フリー記入スペースへ追加していただくだけでOKになっています。

フリー記入スペースに記載する際は、現職で満足していることも書いておきましょう。

既に転職すべきかどうか、の章で挙げだしていた項目でOKです。

現職の好きなところが、転職先でも整っていてあなたか満足できるとは限らないからです。

【STEP②】全てに優先順位をつける

先ほどは好きか、嫌いかだけの優先順位をつけていました。

ここでは全てのリストから優先順位をA、B、Cと3グループに分けます。

優先順位発見シートのE列、F列です。

全ての項目をリストアップしたシートにすることで、抜け漏れがありません。

そのため「こんなはずじゃなかった!」の防止が可能です。

すべての項目を見ることで、優先順位をつけることが重要なのです。

【STEP③】優先順位をもう一段階、細かく整理する

優先順位を大きくA、B、Cの3グループに分けたら、さらに次はAグループ内の優先順位を決めます。

Aグループの中で優先順位を1番から順に振っていきます。

E列でAをソートし、G列にAグループ内での優先順位を記入していきます。

※今回は職場・労働環境で似た項目は優先度を同一にしています。

Bグループ、Cグループも同様です。

整理した優先順位を基に転職活動をする

これですべての項目について、あなたの転職の優先順位が分かりました!

エクセル上では上部に大項目・中項目の分類のサマリ集計を付けました。

「どの項目にあなたが転職の優先順位を置いているか?」、が一目で分かるようになっています。

今回のサンプルでは、特に職場環境・労働環境について重視したい、ライフワークバランスを整えたいのが最優先と分かりました。

そして次にキャリアアップ・年収アップを優先順位としていきたい、ということが分かります。

うみさる
うみさる

いかがでしょうか?

思い悩んでいた方も、手を動かすと、スッキリと優先順位を整理ができます!

ぜひ転職活動の前に、こちらのシートを活用して、一緒に優先順位を決めていきましょう!

最も大切なのは、項目の抜け漏れ防止のため、ぜひこのシートを手元におき、あなたの考えが変わったときも更新していくのがオススメです。

シートの更新方法についてご質問があれば、お気軽にコメントください!

【やる事③】転職エージェントに相談し、転職可能性を探る

【やる事③】転職エージェントに相談し、転職可能性を探る

転職の優先順位が決まったら、転職活動を進めていきましょう。

まずはあなたの転職の優先順位に合致した企業が、どれだけあるか?を把握しましょう。

転職エージェントに相談する

優先順位に合致した企業の割合は、転職エージェントと面談することでイメージがつくでしょう。

この時に1社のエージェントだけでは、本当に業界の全体感を把握したうえで、正しい情報を選られれているとは限りません

事前の情報調査不足で、転職後にギャップを感じている方が約70%もいるのです。

情報は少ないよりも、多いほうが良いです。

適切に判断できるだけの量をインプットしましょう。

そのためには3社の転職エージェントに、同じ転職の優先順位を面談で相談して、どんな反応が返ってくるのかを確認するのが良いでしょう。

転職エージェントの活用については、以下の記事が参考になると思います。

OpenWorkを活用する

転職エージェントから候補企業が出てきたら、実際に企業ホームページを見るなどの研究と合わせて、ぜひチェックしたいのがOpenWorkです。

在籍中の社員、もしくは過去に勤めていた元社員が、会社を様々な角度から口コミをまとめるサイトです。

評価や、労働環境など、転職の優先順位で見ていた項目が、理想通りなのか、求人票と違う点はないのか?といった点をチェックすることが可能です。

転職の優先順位を決めて、30代転職を成功させるまとめ

転職の優先順位について、大切さや、優先順位の決め方が理解いただけたかと思います。

改めて転職の優先順位のまとめです。

  • 転職の優先順位がないと、30代の転職は失敗する
  • 全ての理想をかなえるのは難しい
  • 優先順位を決めるのは「こんなはずじゃなかった」を防ぐため
  • 転職の優先順位は「3-10年の軸」「1-3年の軸」に分かれる
  • 転職の優先順位発見シートで、すべての項目を網羅する
  • 優先順位を決めたら転職エージェントに相談

こちらの記事を基に、あなたの転職優先順位がみつかり、理想的な転職が出来ますように!

参考になった、など何でも構いませんので、お気軽に質問、コメントもお待ちしています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました